高級なバブル期の毛皮のコート、毛皮買取は?

日本の中でも特に景気が良かったバブル期には、着るものもとても高額な品物が出揃っていました。そのひとつが毛皮で、特に高級なコートなどはいろいろなジュエリーやハイクラスな車とともによく利用されていました。

今でも高年齢者はよく持っている事があり、かなりの割合で毛皮として見かけます。

これを毛皮買取に出すとなると、いくつかの条件を考えるといいでしょう。

ひとつはその毛皮の種類です。ミンクやフォックスなどが良い金額で査定されます。昔の高級品でも質がいいものが多かったために、今でも査定額は高いのです。

また、ファッションブランドも大事なポイントとなるでしょう。当時は特に毛皮のコートはとても多くのところで売買されていただけに、ブランドやどこのお店で購入したかということはかなり大事なことになります。さすがにもうレシートや保証書などは残っていないかもしれませんが、付いているタグや品物の質などによって査定されることが多いでしょう。

今とはデザインはもちろん大きくかけ離れていることもあり、着てみるといまどきのデザインではなくトレンド性も薄いと感じるでしょう。ただ、毛皮の品質がいいのなら、あまりデザインは問われないことが多いものです。ちなみに、バブル期に流行していた毛皮のコートにはいろいろな特徴があります。

ひとつはとにかく全体的に毛皮が使われており、かなりゴージャスでボリューム感も大きかったということでしょう。最近ではショート丈のものやふわふわでもワンポイントとして使うものが多いのに対し、当時はかなり全体的に使っておりロング丈で、毛並みが綺麗な高級品をふんだんに使ったものが多かったようです。ファーコートと呼ばれるゴージャスなものが流行したのも当時の話です。

また、デザインの流行も違います。今はナチュラルだったり服にあまりパッドを付けるという考え方はしませんが、当時は肩がしっかりあるものが流行しており、高級毛皮の衣類には肩パットが入っていることが多かったようです。肩を怒らせたようにしたデザインが流行していた時代でもあります。

毛皮買取に関しては、きちんと手入れさえされていればこのようなバブル期に流行ってた毛皮のコートでも十分買取の対象となる事が多いものです。景気が良かった時代だけに、昔からとても質のいいアイテムが流行っており、今でも持っている人は持っているいい品物なのだそうですね。ただ、かさばるのも難点ですから、そのようなものは売ってしまうのも方法でしょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト