剥製の毛皮買取のためのコツ

毛皮買取されることもある剥製はどのようにして作られているのか、ご存知でしょうか。その種類は豊富で、鹿や虎、熊など動物はもちろん、魚や蛇、最近では大事に飼っていたペットを剥製にしている場合もあります。さらにまるで生きていた時のように立体的なタイプのものとラグマットのように加工されているものとがあります。作り方は動物の毛皮を1枚になるようにきれいに剥ぎ取り、ウレタン樹脂でできているマネキンにかぶせて形を整えます。これが従来のやり方ですが、この方法ですと皮や毛、爪など以外は全て取り除かれています。現在ではフリーズドライの機械を使うこともあります。フリーズドライの機械を使う場合の作り方はまずおなかに切れ目を入れて内臓や余分な脂肪を取り除き、フリーズドライしてクリーニングをして完成になります。動物本来の筋肉を使っているため、従来のものよりもより自然な仕上がりになります。またとらせるポーズは従来の剥製は中に針金などを入れていたため自由自在でしたが、フリーズドライで作った場合には寝姿か座りポーズが最適となります。それは針金などは使わず、全て動物の持つ筋肉だけで形作らせるからです。フリーズドライの方法では眼球・舌・歯・鼻なども全て生きていた時のまま残せます。剥製を毛皮買取してもらうためにはオークションなどではなかなか買い取ってくれる人物は現れません。そのため、いつまでたっても売ることができないという場合もあります。剥製はやはり美術系のお店もしくは毛皮買取の専門店に買い取ってもらうのが良いでしょう。毛皮を買い取ってもらうには抜け毛や虫食いがないこと、歯や爪などの破損がないか、顔がどれだけ立体的に残っているかなどは最低でもチェックされますので、持ち込む前にきちんと調べておくほうが良いです。ただし、お店によっては剥製は買い取っていないこともありますから取り扱っているかどうかをきちんと事前調査しておくほうが無難です。もちろん状態が良いものであれば買取価格も高値になる可能性がありますから、商品は丁寧に扱うようにしたほうがいいです。剥製はきれいな状態のまま保存しておくのはとても難しく、こまめな手入れが必要です。自宅でそのまま置いておくよりはきちんと価値があるうちに買い取ってもらうほうが良いという場合もありますので、売りたいと思った時が売り時だと考えてすぐに行動したほうが良いでしょう。自宅に剥製があって買い取ってもらうことに興味があるのであれば、詳細はここから!

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト